看護師転職最前線

退職の交渉



今の職場に退職の申し出をするのって結構勇気が要るものです。しかし、転職を申し出る際には必ず、「退職」ありきで話を持っていく必要があります。人員不足な病院が多い昨今、引き留めてくる可能性が高いからです。

貴方が迷っている姿を見せれば見せるほど強いプレッシャーで引き留めてくることでしょう。もちろん貴方が優秀だからという理由もありますが、後任の募集、採用はもちろんその後の教育、育成を考えれば絶対にやめてほしくないという理由もあるからです。

「まだ迷っているのですが、○月いっぱいで辞めさせて頂きたいのですが・・・」というくらいなら言わない方がマシです。心苦しいですが、「大変申し訳ございませんが、○月で辞めさせ頂きたいのですが・・・」と切り出すことが重要です。その後、やめる理由を述べましょう。

その時、あなたの理由を解消させて残ってもらおうとしてくるかもしれません。しかし、もう残ることは考えていないということをしっかりと伝えることも重要です。中途半端な態度をとればとるほど、相手も残ってもらえるかもと思わせることになり余計に失礼だと考えましょう。

とは言え、円満退社がベストなのは変わりありません。現在の職場の状況もしっかりと判断して、やめる時期は現職の病院にも配慮し、その1,2カ月前に告げるようにしましょう。あと1年といってきた場合は、内定している職場、別の人に迷惑をかけられないとしっかりと伝える必要もあります。


看護師転職支援サービスで無料で最高の職場を探そう!


看護師の退職
看護師転職
看護師は良い環境で
スキルを活かそう
支援サイト活用メリット
退職の交渉
求人数が増える時期
非公開求人情報
一般求人でない強み
経営者の考えを知る
同僚を知る
子育て支援
募集理由を知ろう
再就職も可能



看護師転職最前線



アクセス解析